毎日こんな生活送ってます~上海篇~

上海で、忙しいようで退屈な、退屈なようで忙しい毎日を送っている私の日々のレポートです♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月下旬にHSKという、英語でいうTOEFLみたいな外国人のための中国語検定を受けました。

その時に、不思議だったのは、結果をいつもらえるか、などのアナウンスが一切なかったこと。でも、MaomaoさんからHSKの結果は1ヶ月くらいで出るって聞いたので、大学に電話してみました。そしたら「まだです」って言われて、結果はいつ出るのか聞いてもわからない、って。

そしたら、風のうわさで、インターネットで結果がわかると聞いたので、早速調べてみました。

http://www.hsk.org.cn/

結果は…
リスニング53点、文法72点、リーディング100点!、総合60点で、初級の一番上のレベル、5級でした。このテストの最高は中級の一番上のレベルにあたる8級です。

もう、一番下の級も取れるか不安だったので、まあ5級は妥当ってところかな。本当なら恥ずかしくて誰にも言えないような級ですが。しかも、一番得意だと思ってたリスニングが最悪だし。

もう一度12月の試験、がんばりたいと思います。
でももうすぐ夏休みなので、夏が終わったらがんばろうー。
夏はブログの題名も~日本篇~、~カナダ篇~に変更予定です^^;



スポンサーサイト
テーマ:資格 - ジャンル:学校・教育
なんとか無事受けてきました、HSK。
今回私が受けたのは、前回もちょこっと紹介した、華東師範大学の会場です。実は、うちのマンション、この学校の目の前なんですよねー。だけど川があるので、橋があるところまでぐるーっと回って行かなければならない…。うちの窓からスカイダイビングしたら5分とかからないのにー!!

大学の正門から限りなく遠くにある試験会場ですが、中も車でOKと聞いていたのですが、日曜日だからなのか、なんなのか、いくら交渉しようとしてもガードマンから許可を得られず、正門から歩くはめに。大学には最低40分前には着かないと間に合わないかも。

会場の入り口に着くと、すでに試験開始15分前くらいだったのですが、校舎の外でお茶を飲んでくつろぐ受験者たち。入り口で無料でお茶を配ってくれているからなんですけど、ちょっとリラックスしすぎじゃないですかー?だって15分後には試験はじまるのに!先生たちも「もうはじまるよー、どんどん教室に入ってください!」と叫んでいましたが、みな聞く耳持たず、という感じ。

教室はなかなかきれいな、まあ普通の日本の小学校の教室のような感じでした。まずはじめに試験官に受験票とIDのパスポートを見せるのですが、それを見ると、少なくとも私の教室は7割方韓国人。残り3割は日本人。さすが試験好き、資格好きな両国であります。韓国人は特に若い子ばっかり。最近の韓国人はずいぶん見た目かわいい&かっこいいですね。以前はちょっと???な人が多かったんですけど。

リスニングの試験は、一人一人ヘッドフォンをつけて行われます。音がもれないような、立派なヘッドフォンで感動しました。音が漏れたりしてよく聞こえなかったら大変ですからね。

試験の印象はというと、まず開催者の方。試験中にヘッドフォンとか受験番号票を集めはじめたり、気が散ることを結構やってくれちゃって、20分で30問を解かなければいけない文法の時なんて、ほんと、うざい!

そして、受験者の方。HSKはリスニングから文法、読解、総合と全てのテストが1冊の本のようにまとめてあるのですが、もちろん、それぞれの問題を解くのは指定された時間内。それなのに、文法なんかは特に時間が足りないせいもあるのだけど、読解の時間に文法の問題を解いたりする韓国人が数名いて、試験官に何度も注意されていました。カンニングしようとした韓国人もいて、「もう一回やったら退場してもらいます!もう何回もしてるでしょ!」って怒られていました。もう何回もやっているんだったら退場してほしかった…ずるいじゃん。

休みなしでぶっつづけで試験をして、時間が来たら終了。教室によって開始時間が微妙に違うので(各教室で試験官が勝手に試験をやる感じ。)、早く終わった生徒とかがおしゃべりしながら廊下を歩いたりして、まだ試験中の受験生たちは、さぞ集中できなかったのではと思います。

そして、学校の出口でどーんっと待っていたのは、韓国系の塾のバス5-6台。すげー!韓国!送迎つきで試験やってるんですねー。

え、私の試験の出来ですか?当初と違って、目標を3級に変えたので(最低限の級。もともとは5,6級は取るつもりでいた)、なんとかリスニングがちゃんとできてた取れるかなー、という感じです…。(恥)



参加してみましたbanner


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報
今日は特に書くべきことがないのです。ならばだまっていればいいのだけど、近頃思っていることを徒然と…

1.先週くらいに書きましたが、中国語をまじめにやろうと思っています。とりあえず、日々の生活に困らないくらいしゃべれるので、上海に来てからも1年半、なにもせずにいましたが、もしこれから上海に長くいて、働きたいと思うのなら…、そうでなくても、せっかくここにいるのだから、ビジネスレベル…とはいかなくても、せめて、新聞が読めたりラジオが聞けるくらいまで中国語ができたらなー、と思っているのです。

で、学校を探しているのですが、いざ探すと逆にどこがいいのかわからない!どこもどんぐりの背比べというか、絶対ここがいい!という決め手に欠けるというか…。

今迷っているのは3つ。1つは授業料が一番(そして”とても!”)高いのだけど、とてもしっかりしていて、唯一筆記試験などをしてくれて、私の中国語の長所短所を見つけてくれたところ。2つ目はとりあえず、まともな授業をしてくれるのではないかなぁ、と思わせてくれて一番安いところ。3つ目はその中間だけど、受付が中国語ぺらぺらの日本人なので、いざコミュニケーションに困ったら助けてもらえるだろう、AND、3時間前までキャンセル可能なので、子連れには便利かなーというところ。

いろんな人に相談しても、結局決めるのは本人なわけで(そりゃそうだ)、どうすればいいのだか迷っているうちに時間だけ過ぎていく最悪のパターンです。HSKの事だけでも自分で勉強始めないといけないなー……(ため息)

参加してみましたbanner


テーマ:独り言 - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。