毎日こんな生活送ってます~上海篇~

上海で、忙しいようで退屈な、退屈なようで忙しい毎日を送っている私の日々のレポートです♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
"When is my birthday coming? I've been waiting for it!!!"

今日のしゅうちゃんのお言葉です(笑)
「僕の誕生日はいつ?もうずっと待っているのに!」ってな感じでしょうか??

毎回あんなに盛大にお祝いしてあげてるのに、自分の誕生日を覚えていないようです、彼は(笑)まあ、あまりに楽しいので待ちきれずにいる、という風に解釈しましょう。

なんかおかしかったので。
スポンサーサイト
とある日曜日、上海で、Terry Fox Runが開催されました。

日本ではまだまだ知られていないかもしれませんが、TerryFoxさんは、カナダ人で若い頃に骨肉腫という骨のガンになって義足になってしまったのですが、その後、ガン研究のための資金を集めるためにカナダの東海岸から西海岸を目指して毎日歩き続けるMARATHON of HOPEを始めたものの、志半ばで、全身をガンに侵され、亡くなってしまいました。

彼の死後も彼の意思を継いで、カナダ各地、そして今では世界各地で年に1度のチャリティーイベントが開催されるようになりました。日本でもやっているそうです。カナダでは結構有名イベントなので、みなさんご存知では??

上海でもすでに9回目だそうで、会場には人がいっぱい!参加者はほとんどが中国人でした。それだけローカルの人にこのイベントが知れ渡っているということですよね。喜ばしいことです。

上海大会では、4キロコースと8キロコースがあって、参加費は100元。参加すると、Tシャツがもらえます。残りはガン研究のために寄付されるはず…。←一応カナダ大使館も関わっているのでちゃんと使われているはず。ちなみに、歩いても走ってもOKです。

始めに開会式でいろんな人のあいさつがあって、なんとBC州知事も来てました!バンクーバーではメディアを通してしか見たことないのに、こんなところでお目にかかれるとは(笑)英語のあいさつの後に中国語の通訳があるので、必然的に、長くなってしまって、まわりでは「早く走らせろ!」の声が(苦笑)

やっとスタートするも、すごい人で、歩くのも大変。少しずつ動き始めました。

terry1
terry2


旗をもって歩く人、スケートの人、おまけには自転車の子供までいて、さすが中国…と思っていたんですけど、一番驚いたのは、たださえ、たったの4キロと短いのに、わざわざ近道(指定されていないコースとか、道じゃなくて、丘とか…)を行く人たちが結構いたこと(笑)これってなんか違いません?!

short cut

私とおねえちゃんも無事4キロ歩いて、修了書をもらおうとしたら、これまたすごい人だかりで、もう大変。やっとの思いで二人分もらいました。その後無料で水とパン、バナナを配っていましたが、これもすごい人だったので、水だけもらって帰ってきました。だいたいパンだけもらってもねぇ…。

terry3


でも自分の健康にもいいし、これが人の為にもなっているなら、まさに一石二鳥。気分のいい日曜日でした♪
テーマ:中国 - ジャンル:海外情報
ちょっとした小ネタがたまったので、公開♪

☆タクシーに乗って「愚園路」って中国語で言ったら、「はぁ?」と言われ、その後繰り返して言ったら通じたのものの、運ちゃんは、「四音(要はアクセントですね)が違う」と言って大笑い。その後もずーっと笑ってて、「ほれ、言ってみ、愚園路!」とか言って、また笑うので、頭にきて「言ったってどうせ私のこと笑うんでしょうが!言わないよ!」って言ったら、「違うよ、なおしてあげようとしているんだよー。愚のYuは魚のYuと同じ発音で、意味はバカっていう意味の愚なんだよ」とか中国語講座がはじまりました…。小ばかにされてくやしい(苦笑)

あの人はいい運ちゃんだったのか、嫌味な運ちゃんだったのか…。

☆この前友人宅からの帰りで呼んでもらったタクシー、なんと4つ星でした!!タクシーには星なしから星5つまであるようなのですが、ほとんどが星なし、星が3つもついていれば、ラッキーって感じなので、4つでも感動ものなのです。なんか宝くじに当たったような気分♪
ちなみにこの星はテストを受けて、サービス度、言語力、運転力、知識力とかいろいろな面でクリアするともらえるようなのですが、詳しいことはよくわかりません、すいません。

で、乗り心地ですが、女性運転手だったのですが、とても丁寧。交通ルールを守り、猛スピードで事故起こしそうでハラハラしたり…ということもなく、私が日本人だとわかったのか、日本語の演歌を流してくれたり(電話かけたらすぐ切ってくれた)、やさしくゆっくり話してくれたり、好感。英語とか日本語とかしゃべれるの?って聞いたら、ちょっとなら、って言ってたけど話してくれなかったなぁ。

☆タクシーのラジオで、普通に日本人のDJが話して日本語の歌を流していたので驚きました。中国語のDJと組んで、ちゃんと中国語に訳しているみたいだったけど、なんかすごいよなーと思いました。英語の番組は聴いたことあったんですけどね。ジブリの新作(といっても、もう古いか)の歌とか流してましたよ。

☆仕事場の外灘から、雨の降る5時に帰宅するためタクシーをつかまえようとするもつかまったのは5時半すぎ。そして、我が家についたのは、なんと7時半!!!朝のラッシュでも3-40分あれば着く距離なのに、2時間もタクシーに乗っていてかなり疲れました…。う゛がー。


小ネタも溜まると長い話になりますね(笑)ではごきげんようー♪
テーマ:中国 - ジャンル:海外情報
ブログ更新度はあまりよくないけれど、10月、11月と立て続けにいろいろあった月だったんですよー。
11月10日付けの上海商報という週間新聞(もちろんローカルで中国語)に私が参加している(とはいっても、まだ新米であまり役に立てていないのですけど)ボランティアグループが紹介されましたー♪私の写真もばっちり!!文章は何が書いてあるのかよくわからないのですけど(爆)、私たちの参加内容や、前回参加したあるバザーの準備風景などについて方ってあるようです。1面ばっちり記事を書いてくれてすごいですよね♪

shanghai business news



そういえば思い出したのですが、ちょこっと愚痴を。その参加したバザーっていうのは、某日系のものなんですけど、私たちはチャリティーグループで、タダ働き、儲けももちろん全て寄付だっていうのに、テーブル代500元(=7500円)、他の大企業さん同様、払わなければいけませんでした。うちの学校のバザーの時はもちろんチャリティーグループには無料で貸したんですよ、テーブル。そんなの当たり前だと思うんですけど、そういうのって日本ではまだまだ遅れているのかなー。ちょっと残念でした。
テーマ:中国 - ジャンル:海外情報
「次回に続く」的な文を書いたくせに、ずいぶんひっぱってしまいました(苦笑)

先日、アウトレットに行ったときに、おなかがすいた私たちは、スタバでおやつをすることに。

ながーいながーい行列にも耐えて(その間、しゅうちゃんのトイレ騒動などもあり…)、やっと食べ始めたコーヒーとシナモンロール。上にくるみがのっていて、食べるとサクサク感がなかなかいいです。

サクサク



サクサク



ジャリジャリ…ん??

なんでジャリジャリなのか、ちょっと不審にも思ったのですが、胡桃の皮かなぁー、なんて思いつつさらにかむものの、ジャリジャリ感がどうも気になる。

で、出してみたら…

なんとガラスの破片が入っていました!!

今まで出されたお皿が汚れているとか、スープに虫とか、遭遇したことは結構あったんだけど(苦笑?!もちろん上海でのみ)、まさかガラスの破片なんて、しかもスタバでなんて…。結構ショックでした。

結局新しいシナモンロールをもらって、コーヒーのただ券を一枚もらって終わったのだけど、あとで友人にその話をしたら、中国人だったら、そのときの食事代全部返してもらってるよ、って言われました。アメリカ人だって、訴えて1億円くらい請求しますよね?!かよ一家ってば気が小さいから(苦笑)

そしてこの前はアメリカから来たお店、California Pizza Kitchenでパスタの中に、爪楊枝みたいに細い木を裂いたものが混入。その前夜はなんと日本の食料品屋、しんせん館で購入した鶏肉の中に削った鉄くずみたいなものが…。

友達に、宝くじ買ったらきっと当たるよって言われました(笑)買ってみようかな、年末ジャンボ。





テーマ:中国 - ジャンル:海外情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。