毎日こんな生活送ってます~上海篇~

上海で、忙しいようで退屈な、退屈なようで忙しい毎日を送っている私の日々のレポートです♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日めめさんのブログでも紹介していたワールドリンク。外国人のための医療機関です。

あー、できれば行きたくないです、医者なんてー。でもしゅうちゃんの咳がヒューヒュー言ってるので、今日は学校を休みました。他にも日本人医師常駐または日本語が通じるクリニックも結構あるんです。だけどしゅうちゃん日本語通じないからねー(苦笑)もちろん多少は通じるけど、ただでさえお医者さんなんて嫌なのに、何言っているのかわからなくて不安にさせてもかわいそうなので英語の通じるお医者さんにしています。あぁ、なさけなや、なさけなや…。

上海に来て考えることは所詮医者だってビジネスなんだなぁって。
話すと長くなるけど、上海は特に外国人駐在員の為に会社が保険に入っていてなんでも全部払ってくれるシステムだから、どんなに治療代がかかっても被保険者はタダ!医者は薬やサービスを提供すればするほど儲かるわけです。だからそういう儲け主義の病院によっては私自身もいやな体験をしたし、他でもネガティブなうわさを耳にするし。

だからといって研究重視の大学病院とかも、本当に大病でやりがいのある人とかしか相手にしないんだろうから結局変わらないのかなぁ。

でも、ワールドリンクは今回がまだ2回目なんですけどとりあえず良心的かな…と。前回も去年くらいで同じ症状だったのですが、アメリカ人の先生が日曜日なのにとても丁寧に見てくれて、症状がもし悪化して緊急の時はワールドリンクよりももっと緊急に対応してくれる病院を内緒で(?)紹介してくれたり、次の日にもフォローアップの電話をしてくれたりして満足してました。

今回は小児専門というリン先生。台湾出身だけど日本やアメリカにもいたので英語も日本語もOKです。しゅうちゃんの病歴のことも詳しく聞いてくれて、どこでどういう治療を受けてきたのかも確認した上で診察してくれました。肺もよく確認してくれたので、始めは肺炎に聞こえたそうですが、何度か咳をさせたら肺の音がきれいになったので、肺に痰が入ってしまいやすい状態だけど、肺炎ではないというのをレントゲンとか不必要な検査なしで確認してもらえました。薬も、まずはどこも炎症を起こしていないので抗菌薬は出さない、肌のアトピーっぽい炎症もステロイドなしの薬を出してくれました。

日本語と英語ごちゃまぜの会話だったので、外から聞いたら、わけわかんない内容でしたけど(笑)

上海の病院は私の知るところは全て昔の日本の様に病院の中に薬局があって、薬を出してくれるのですが、ここでもうちにある薬を確認してから、家になくて必要な物だけを出してくれました。

あー、それにしてもしゅうちゃんはこれからしばらくマスク生活です。マスクって、風邪ひいたときのガーゼマスクではなくて、ネブライザーって薬を肺に注入するためのマスクです。大きくなってきて、治りたいという意思を自分で持つことができるので、昔みたいに押さえつけてマスクつけたりする必要はないんだけど、やっぱりかわいそうだなぁ、って思います。やっぱり上海はホコリとかがすごいので、ぜんそくの子が多いそうです…。でも好き嫌いも少なくなってきて、背が高くなるように、バットマンみたいに強くなれるように、肉も魚も野菜もがんばって食べているしゅうちゃん。これ以上ひどくならないことを願うばかりです。

asthma

ワールドリンク 虹橋診療所(他多数)
住所:虹橋路2258号 王子公寓内
電話:6242-0909

参加してみましたbanner


スポンサーサイト
テーマ:中国 - ジャンル:海外情報
コメント
医は算術
この間古文の授業で「医は仁術也」というくだりを習いました。患者を診るときには自分のことのように、とかそんなんだったんですが、今時はお医者も普通の仕事の一つになってしまったなあと思いますねー。お医者さんも、食べていくためには稼がなくちゃ行けないんだと思いますが、医学史とか古典の授業をしていると、昔はもっと疫病も多かったし、命懸けの仕事だっただろうなと思います。教科書にでてくるような名医もいるけどそうじゃないお医者もいたんだろうねえー。
2006/06/03(土) 09:06:13 | URL | maomao #Jwj8LGDI[ 編集]

しゅうチャン、自分の意志で・・・吸入が出来るようになったんだねぇ。エライ!
子が咳き込むと、隣で聞いてる親は心配だよね。
ウチのハル坊も、去年の今頃から・・・そんな感じで、病院通いでした。
レントゲンも取ったし、血も抜いたし・・・いつもの病院では症状が変わらないから、大学病院への紹介状までも。
暫く吸引もお家でやったよ。
でも、肺炎ではナイし・・・お母さんが過敏にならなくても大丈夫!って。
薬飲んでも飲まなくても、そんなに変わりがナイなら・・・お母さんの意志で飲ませなくてもイイしね。
って言ってくださって、とりあえず・・・いつもの病院でまた様子見。
咳が多い時は気管支を広げるお薬と痰きりを飲ませて・・・
って感じで今日まで来ています。

でも、病院って・・・ホント選ぶの難しいよね。
日本でも、子供相手にやたら抗生剤やら何やらを出すお医者さんもいるらしい。
人がイイよ!って進めてくれた病院でも、自分では合わないなぁと感じたり・・・。
今回のお医者さん、イイ先生で良かったね。
秀チャン、自分で先生とお話しするのね。
日本語&英語で(笑)
去年会った時もそぉだったよね・・・可愛かったなぁ。

って、男の子は・・・やっぱりデリケートなのかしら?ね。

2006/06/03(土) 09:28:36 | URL | MICHI #-[ 編集]

初めまして。
出張で上海には30回以上行ったことがあります。
つい、先週の日曜日に上海出張から帰ってきました。
上海でi-nailによく行くのですが、そのHPを検索しててこちらを知りました。
上海は空気が悪そうですね。
いろいろと上海の情報が知りたいのでまた遊びに来ます。
よろしくお願いします。
応援のクリックしていきますね。
2006/06/03(土) 16:27:08 | URL | てつや #u/XdadKk[ 編集]
吸入
しないとならないのはやっぱりかわいそうですね。うちの上の子もそうで、大きくなるにつれ、良くなってきているので、一時の辛抱なのかな?本人も吸入すると楽になることを知っているので自ら進んでやっていました。でも気管支拡張剤は心臓に負担が来ると聞いていたので母親としては心配。結構強いベネトリンもバンコク時代は頻繁に使っていました。日本ではテオドールを処方されてましたが、それより効いたのはホクナリンテープ。これは上半身に貼る気管支拡張剤。本人もこれを知ってから咳が出だすと、ホクナリンテープをもらいに病院に行く!なんて言いだす始末(実際は買うのよ!笑)。直接飲まないので副作用もまだましかな?なんて素人考えをしてます。でも北京ではこのテープはないと言われ、がっかりでした。お子さん、早くよくなるといいですね。お大事に!
2006/06/03(土) 20:05:22 | URL | tanu #-[ 編集]
その1
Maomaoさん>相手の身になって…っていうのは医者に限らずいろんな面で基本的なことのような気がしますが、なかなか実践されていないように思いますねー。
医学史なんてそれこそ医療にかかわっているからこそお勉強できる科目ですね。なかなか面白そう。時代劇とかで、お医者さんが小さな石臼みたいなのをぐるぐるさせて薬を作ったりしている場面を見るのが結構好きです(笑)

MICHIちゃん>そうか、ハルくんもちょっとぜんそくの気があるんだね。大学病院まで行ったんだ、大変だったね。でも親としても出来る限りの治療を受けさせて早くよくなってほしいものね。
しゅうちゃんは先生とは英語オンリーだったよ。日本語は私が話してた(笑)というか、日本語と英語をちゃんぽんで話していたのは私と先生だけかも(笑)
2006/06/03(土) 22:51:56 | URL | かよ #-[ 編集]

てつやさん>始めまして。コメントありがとうございます!
あとで私もブログ見に行かせてくださいね。
30回も上海なんて、すごいですね。上海だと男性も日本より気軽にエステとか行ける雰囲気なような気がしますが、どうですか?I-Nailではないけれど、カナダから来た男友達も上海のマニキュアは安いし、つめがきれいになるから、ってやってました。でもカナダではやったこともないらしいです。

こちらこそこれからもよろしくお願いします。

Tanuさん>ぜんそく持ちの子供って本当に多いんですね。Tanuさんはバンコクにもいたんですねー。バンコクも車とか多いし空気が悪いのかな??どうでしょう?いろんな国で治療を受けていると、前の国にあった薬が今の国ではなかったり…ってこと結構ありますね。

ぜんそくの本は日本の物も持っているので、薬の名前もいろいろ聞いたことはあるのですが、そのテープはまだ見たことないです。今使っているのはベネトリンとアトロベントという薬です。

北京も空気悪そうですが、日本に帰ってお子さんの調子はいかがですか?
2006/06/03(土) 23:10:08 | URL | かよ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://asakayo.blog34.fc2.com/tb.php/165-5ca591bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。