毎日こんな生活送ってます~上海篇~

上海で、忙しいようで退屈な、退屈なようで忙しい毎日を送っている私の日々のレポートです♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週から始めている英語教室。

今日は課題だった文章を2回読んで参加したら、相棒はなんと5回以上読んだそうで、単語一句一句を調べてその上で、先生を質問攻めしてて、熱意の差を反省しました。

あっという間に一週間って過ぎてしまうのよね。今を大切にしなくちゃ…。

一口に英語力向上といっても、やはりいろんなレベルがあるわけで、その人の得意不得意な分野や、必要とする英語の種類、最終目標なんかを先生に知らせるためには自分の環境をいろいろ話さなければなりません。

家族構成(子供がいるか、何語で話しているのか、夫の英語は?)、学歴(何を勉強したのか、どこでべんきょうしたのか)、職歴、今普段の生活でどんなことをしてるのか…などなど、自分のことをさらけ出して話をします。その割には短かった様な…←中身のない人生?!

で、私は18歳を過ぎてからアメリカに渡り、その後も働いていた2年間を除きずっと海外生活をしているのです。一緒にクラス受けているパートナーも同じような感じ。そうしたら、先生にあなたたちは「ThirdCultureの人だね」って言われました。日本で生まれ育ったけど、完璧な日本人とはちょっと違うし(変わってるよねーと思われること多いです(笑))、だからといって、もちろんその後の生活の大半をすごしている英語圏の人たちとも違うし。こういうどっちつかず(って悪い意味ではなくて)の人はそう呼ばれるみたい。

そう考えるとうちの子供たちもそうなんだよね。
生まれながらにして3つのカルチャーを背負っているのだから。
カナダで生まれ育って、カナダの文化に感化されつつも、私の与える日本文化やだんな側の家族からの多大な台湾的文化、そして上海の文化…。いろいろと混ざりまくって、どれか一つの国を選べって言われたって彼らにしてみればどれも彼らの一部分であるはず。

学校でも自分の国について発表したりする機会なんかが多いのだけど、選択肢が多すぎて、どれもどっちつかずでかわいそうだなーなんて思うこともあります。でもしゅうちゃんの担任の先生に「選択肢があることはすばらしいこと!彼らにとってプラスにこそなれ、マイナスになんてなりえない」って言ってもらって、なんかちょっと霧が晴れたような気分になりました♪

私が子供のときは、そんなことで悩んだこともないし、悩んでいる人に会ったこともなかったけど、今はそういう子供たち(大人も?)たくさんいるんでしょうね。って別にうちの子は全く悩んだりしているわけじゃないですが。
スポンサーサイト
テーマ:雑記 - ジャンル:日記
コメント

いろいろな文化を(国を)背負っていれば、そのときの状況で一番都合の良いのになればいいんだから・・・。カナダ人、台湾人、日本人・・・と使い分ければいいから向かうところ敵なし!!じゃない?!(笑)。私の家の近所のEnglish カフェは、外国人は、半額!って言うから、私は、そこへ行くときには、台湾人になってるし(笑・・・)。街で変な勧誘に出会ったときも、外人(台湾人)のふりをします。・・・・ところで、今年も年末帰国した時、会えそうですか?(楽しみにしてるんだ~~~私たち)
2005/11/23(水) 20:37:05 | URL | yui #-[ 編集]

そうだね、いいとこどり、って方法もあるよね。でもどれも中途半端でどれにもはまらないというのが一番怖いかな。
それにしても台湾人になりすますとは(笑)みんな信じちゃうの??
2005/11/23(水) 22:02:08 | URL | かよ #-[ 編集]
そうね。
台湾人ってメジャーな国民でもないので、意外に”ふ~ん、そうなんだ。”で終わってしまうよ。(笑)
2005/11/25(金) 14:02:45 | URL | yui #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://asakayo.blog34.fc2.com/tb.php/25-6e90859e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。