毎日こんな生活送ってます~上海篇~

上海で、忙しいようで退屈な、退屈なようで忙しい毎日を送っている私の日々のレポートです♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国で手に入る日本人向けフリーペーパーの一つ、SUPERCITY CHINAの今月号は衝撃のタイトルでした。
なんと、在中日本人の10人に一人に寄生虫!です。

寄生虫なんて、久しく聞いていなかったのに、10人に一人に住み着いているなんて、聞いただけで末恐ろしい…。

でもよくよく読んでみると、地方の日本食レストランなどでよく起きるみたい。そういうところはとても不衛生で、しかもサラダや刺身などを好む日本人は寄生虫にやられてしまうそうです。あと、川魚なども魚にしてしまうので、それを食べると虫が体中をはいつくばったり…。

地方だけでなく、上海の水も例え水道局がきれいな水を供給しても、途中で戦後すぐに作られたりしたとても古い水道管などを通ることによってまた汚くなってしまうのだそうです。

まあ、私は、地方で日本食を食べる機会もないし、うちの水はフィルターに2回通しているし、飲み水はミネラルウォーターなので、このへんはあまり影響がないとは思うのですが(油断大敵だけどね)、一番気になった記事は、野菜のこと。

有機野菜といって割高な野菜を買っても、肥料に人糞なんかを使っているとそこから寄生虫が野菜に付いてしまうとか。

っていうか、高いお金払って、人糞にまみれた野菜買っているの、私たちは??!
農薬まみれの野菜も怖いけど、人の糞吸って育った野菜なんて食べたくないです。でも有機野菜には「有機野菜」というレベルが貼ってあるだけで、どういう状況でどこで作られたか、とかが書いてあることはほとんどありません。「有機野菜」というそのレベルに頼るのみ…。

だいたい、日本じゃ普通にスーパーの野菜を買っている私ですが、「必要以上の農薬をかけている」とか「ペンキで色をつけたり、脱色剤で色を抜いたりしている」とかさまざまな、嘘か真かもわからない噂に翻弄されて、新鮮な野菜の手に入るローカル市場ではなくて、しなしなで割高な有機野菜とかを買ったりしてます。そうすると、アイさんとかは冷ややかな目で見てますねー。お金が有り余っているとでも思っているのかなー。

でも上海人のアイさんは市場で野菜を買って、食器洗剤を1滴入れた水に30分とかつけていました。農薬があるからって。だから噂は噂ではないのかもしれないし。うーむわからん。

そして有機野菜でも、農薬を取る洗剤みたいなのにつけると、農薬に反応して水の色がすごく変わったという話もあるし…。何を信じていいのかわからないのが、今の状況です。

もっとも、中国語の新聞とかたくさん読んでいたらもっときちんとした情報が入るのかなー。

こちらに住んでいる主婦たちは、みんな愛する子供やご主人のために、少しでも体によい(というよりもむしろ「体に悪くない」)食べ物を与えるためにとても苦労しています。

上海の日本人主婦の悩み事ナンバーワンといっても過言でないトピックなのに、ぱっと思いついただけでも5,6種類もあるこちらの日本語メディアはそんなこと全然取り上げてくれません。そんなこと書くと政府に怒られてしまうのかな。書いてあっても「主婦の噂」程度の根拠のないものばかり(怒)

でも知りたい、本当の上海の食材事情を…。

参加してみましたbanner
スポンサーサイト
テーマ:中国 - ジャンル:海外情報
コメント
中国の野菜
これは日本人太太みんな心配していることだと思います。中国語の先生から「煙台の農民は『北京人はまだ元気なの?』と言っちゃうぐらい農薬を使っているんだ」という話を聞いて思わず背筋がぞ~!うちのアイも市場の野菜は農薬だらけと言ってスーパーで「緑色食品」のを買ってきます。しかしこれだって何処まで信用できるか疑問ですけどね。念のためうちでは「安心やさい」という除菌剤を使って野菜はじめいろんな食品洗ってます。ただメンドーなのでサボっちゃうことも多いんですが...

ところでかよさんのページ、リンクをはらせていただいてもいいでしょうか?
2006/02/21(火) 22:32:42 | URL | tanu #-[ 編集]
そうなのよー
日本人、意外と忘れていますがこちらはまだまだ寄生虫がいっぱいいるんです。トイレでペーパーを流さないのは、肥料として使うからなんですよ。配水管をケチって細いのにしていて紙が詰まっちゃうから、ってのもあるんだけど、基本的には肥料にするから。だから寄生虫が亡くならないんだよね。食事の前に手を洗うとかしないし。

私も中医学基礎の問題集をやっていたら、私たちは習わないけど中国人学生が習うのであろう、「寄生虫による症状」の項目が出てきてたまげました。

野菜にしろ、肉にしろ魚にしろ、安心して食べられるものがなくなってきてるよね、こちらも日本も。緑の野菜をゆでるとものすごい緑色になるしあくもすごいので、時々心配になっています。
2006/02/21(火) 23:47:15 | URL | maomao #Jwj8LGDI[ 編集]

かよこさん、こんにちはー。
この有機野菜と寄生虫の話、読んでてびっくり、思わずコメントを残したくなりました。
中国の成長は凄いけど、まだまだ心配なことって沢山あるんですね。こんな話、地元に住んでないとわからないもの。家に帰って旦那にも教えてあげようー。
2006/02/22(水) 03:47:30 | URL | ゆき #-[ 編集]

この話題興味ありますね。ってことでまたコメントを・・
私はよく外食します。なのでほっとんど気にしてないの。寄生虫絶対いるかも??(キモイ・・
でも買う時は、やっぱし気にしてないです。でも30分の水付けは一応やりますね。ははは・・アマさんもやってます。
常識?らしいし。でもレストランなんかはキットやってないですよね。?多分?
卵も半生の卵外で出た。のも平気で食べちゃってます。
やばい?ですよね。
寄生虫は仕方ないけど・・(なくもない)けど・・
地元の人って食事で早死にしているのでしょうか?
中国に住んでる人が私がちょっと牛乳を外にだして心配してたら向こうでは冷蔵庫ないとことか平気であって外におきっぱだ・・って言うんですよね・・
ってなんだかわけわかんないコメントになっちゃった。

ではでは
2006/02/22(水) 09:58:41 | URL | なな #-[ 編集]

tanuさん>オーガニック野菜の事を理解しているアイさんでうらやましいです。北京人の方ですか?どうも田舎から来ているような人は、安かろう、よかろう、みたいなところがあって、私が買う野菜の値段を見ては、叫んでいます(苦笑)

リンク、もちろんOKです♪私もはらせていただきますねー。

Maomaoさん>日本だって、20年前とかには、クラスに一人くらい必ずギョウ虫検査に引っかかる子がいましたよね^^; 日本より2,30年遅れている中国ならしょうがないのかな。
でも、寄生虫がいるとか、あおるだけあおっておいて、その対策を教えてくれないですよね、日本語雑誌。野菜の農薬とかだって、主婦の噂話みたいに書いてあることはあっても、政府に聞くとか(まあ信用性低いかもしれないけど)、本当に市場の物は危ないのか、とか検証してくれるような記事は全くなくてがっかりです。

それにしても、トイレの秘密…そういうことだったのか。これからどんどんトイレットペーパーを捨てて中国の人糞肥料システムに混乱を起こしたいけど、配管がつまっちゃうから無理ですね(笑)
2006/02/22(水) 16:22:49 | URL | かよ #-[ 編集]
ななさん、ゆきさん♪
ゆきさん>そうなの、怖いでしょう?ただ信憑性に欠けるというか、100%とはいわなくても、もう少し確かな情報が欲しいのだけど、そういうのはなかなか手に入らなくて。
そういうことに疎いダンナやまわりの中国人にはただの金の無駄遣いをしているダメ主婦としか見られていないのがくやしー!!

ところで、ゆきさんのブログ、中国からはアクセスできないみたい!すごく残念!もしかして急に見れるようになるかもしれないし、時々アクセスしてみるけど…。中国はまだ不便がいっぱいです。

ななさん>そうそう、いくら家で気をつけても外食してればどんな食材を使っているか、どう扱っているかなんてわからないですもんねー。泥とか付いていればわかるけど、農薬を30分水につけて落とす…なんて絶対やっていなさそうだし。
日本のコンビニのサラダとかも何度も何度も消毒液のプールで泳がされてから出てくるのだけど、その過程で使う薬はパッケージに表示しなくてもいいので実はとても怖いらしいよ。
北米だって、今はオーガニックが充実してるけど、りんごとか他の野菜も明らかに農薬たくさん使っているもんね。こわいよねぇ。
2006/02/22(水) 16:29:55 | URL | かよ #-[ 編集]
リンクありがとうございます
早速貼らせていただきました!

それにしても寄生虫も農薬もどちらも深刻な問題ですよね。でもあんまり神経質なことを言っていたら中国では生きていけないのかも...
2006/02/22(水) 19:03:01 | URL | tanu #-[ 編集]
そうなんです
気にしすぎてもきりがないから、結局いろいろ言っても、いろんなもの食べちゃっています(苦笑)
でも、食べるにしても真実が知りたいなーって思うのですよね。農薬とか考えなかったら明らかに市場の野菜の方が安いし、新鮮だし、おいしいし。
2006/02/23(木) 08:38:26 | URL | かよ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://asakayo.blog34.fc2.com/tb.php/82-cbccb8b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。