毎日こんな生活送ってます~上海篇~

上海で、忙しいようで退屈な、退屈なようで忙しい毎日を送っている私の日々のレポートです♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10日間近くにおよぶ秋のゴールデンウィークも終わってしまいました。今日から、また普通の生活です。まあ、そのほうが、生活にリズムができていいんだけどね。相方もいなくて家族全員ストレスフリーになるし(笑)

いろいろ書くことはあるんだけど、忘れないうちに、おねえちゃんのこと。

福岡で田舎の田んぼ沿いを電車に揺られていたときのこと。おねえちゃんが私を見て、ちょっと目立つ声で言い放ちました。

ママ、目くそがついてる!!


…………


あのねぇ、10歳の女の子が「目くそ」はないでしょう(苦笑)目やによりもさらに不潔な感じ。もうちょっとお上品に話してもらいたいものです。鼻くそ、耳くそ、目くそなんだって。私はちゃんと耳垢、目やにって言うけどなぁ。鼻くそは鼻くそだけど(笑)だって他に呼び方ないでしょう?!
テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児
20071002184528
子供たちの強いリクエストでまたまたキッザニアへやってきました。

ただ今しゅうちゃんはアイスクリームやさんに挑戦中♪
福岡経由で東京に帰ってきました♪
親子三人の福岡は新鮮で楽しかった♪ラ-メンもモツ鍋も食べたよ~←って食べることばっか。
マイルだと同じマイルで寄って帰れるのでオススメです♪海外在住の方はぜひ。
それにしても昨日の福岡では30度超していて、上海も同じような感じなのに東京は涼しい!16度ですって。秋らしくていいけど半袖しかないなあ…
久しぶりに書いておいていきなり愚痴なんですけど、よかったら聞いてください…。

夏前に、とある音楽教室に通うことになったしゅうちゃん。もちろん、無理やり入れたとかではなくて、おねえちゃんがバイオリンやっているのを見て、自分も音楽をやりたいとずっと言っていたし、体験レッスンをしてみてとても楽しめたので入れたわけですが…。

とにかく、今は嫌がる、嫌がるでとても始末におえない状況なのです。

とはいっても、家では宿題とか練習も言えばやってくれるし、歌も一緒に歌ったり、口ずさんだりしているし、音楽が嫌い、というわけではないと思うのです。

だからといって、教えてもらう内容が悪いのか、というと、そんなことは全くなくて、とてもやさしくて、忍耐のある先生で、当たり前かもしれないけど、ピアノも上手だし、授業を楽しんでもらおうと努力されているのもとてもよく感じます。まあ、グループなので、みんなで一緒にひきましょう、とか、団体行動が多いので、そういうのはわが子は苦手なのはわからなくもないです。あと、本人いわく、赤ちゃんっぽくて嫌だって言うんだけど、自分だって赤ちゃんみたいなくせにぃー。

で、いったい、どういう行動が私の頭を痛めているかというと…。

1.ピアノの前でみんなで歌を歌っているとき、生徒は手を後ろで組んで、先生の指導に従います。しゅうちゃんは、手を後ろに組んだことなど一度もなく、触ってはいけないグランドピアノに寄りかかってじーっと見てたり、ゴロゴロねっころがったり。全く歌わないかと思いきや、急に大声で、しかもダミ声で歌ったり、終いには、名前のシールを自分の口に貼って歌えなくなっている始末…。

2.それがエスカレートして、芋虫のように床をはいつくばり、他の子供達も大爆笑。授業にならなくなる…。

3.いざピアノをひくときになると勝手にひいて、ひいてはいけない鍵盤を押したり、ぐちゃぐちゃに音を出したり…。


書いてて思ったんだけど、これって学級崩壊の子供みたい?!うちの子に限ってそんなことは…という感じです。

あまりのひどさに、相方に「頭の医者に見てもらったほうがいいのかな。この子どこかおかしい」というと、「おまえ、おねえちゃんのときもそう言ってたじゃん」って…。

確かに言ってましたなぁ。でも彼女の場合は、態度は悪くなく、言われたことはきちんとやるし、怒られたら反省します。ただ、学ぶのにとても時間がかかるので、それが心配だったのです。しゅうちゃんの場合は、学ぶのは早くはないかもしれないけど、こちらがイライラするほど遅くはありません。だけど、怒られてもあまのじゃくで、ああ言えばこう言う、反省という文字が出てくるのはクラスが終わるころ…という感じで、手に負えないのです。やはり口ではだめなのか、と叩いてみると叩き返してくるし(泣)

でも、上海じゃどんなお医者さんに連れて行けばいいのかわからないし。学校では、こんなことはないと思われるので、本当に嫌いだから全力で反抗しているのか…。はぁぁぁぁ。音楽をやらせる、って本当にストレスたまります…
それでは小出しに夏休みの思い出を。

夏休み、何が一番楽しかった?って子供たちに聞いたら、きっと「キッザニア」って言うと思います。

キッザニアって何か、というと、大人の世界が3分の2に縮小されている世界で、各企業が協賛していて、お店とか、銀行、工事現場とかいろいろあります。そして、そこで、実際に働いてお金を稼いでそのお金で自由にお買い物したりできる…って仕組み。わかるかな?

まずは仕事探し。しゅうちゃんは、工事現場でヘルメットかぶってユニフォーム着て、クレーンを動かしたり、旗をもって誘導する仕事。智美はANAの制服を着てスチュワーデス。実際にアナウンスをしたりしたそうです。次はしゅうちゃんはカメラマン。街中をまわって、一眼レフで写真を撮らせてもらっていました。最後にみんなでモスバーガーでお仕事して、実際に本物のてりやきバーガーを作って夜ご飯として食べました♪
kojigenba



ドコモのお店では実際に園内で使える携帯電話(迷子になったら私の携帯にも電話できる)を借りたり、JCBのクレジットカードやら、ATMでお金がおろせる銀行口座を開いたり…。本当に普段子供がやりたがってるのに、親が「ダメっ、大人になったらねっ」と言っているようなことができてしまう場所でした。

bank

もちろん二人とも大喜び。混んでいるので、やりたいことが全部できず、時間が足りなかったくらいですが、ディズニーランドよりも楽しかった!!と豪語しておりました。

親的には一緒にくっついて回るだけで疲れるんだけど。でも行く価値あると思います!また今度帰ったら行こうっと。

★キッザニア東京

豊洲ららぽーと内
www.kidzania.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。